今さらだけど:フィラリア症ってどんな病気?

ワンちゃんのオーナーさんにとって大事な疾病予防のひとつ、『フィラリア』の予防。

フィラリアの感染症ってどんな病気なのでしょうか。

フィラリア感染症は犬糸状虫という寄生虫が原因でおこるさまざまな症状の総称です。
寄生虫が原因だから予防する「ワクチン」などはありません。
ひたすら「虫下しで駆虫する」のみなのです。

毎年、春から冬の始まりにかけて月に一回飲ませている、錠剤だったり、粉だったり、オヤツタイプだったりするお薬は「ワクチン」ではなくって駆虫薬なのです。

そう、駆虫薬。

フィラリアの「予防」薬だから「感染しない薬」と思ってる方、多いと思います。

一般的にいわれている「フィラリアの予防」とは、蚊に刺された際に犬の体内に入ったフィラリアの赤ちゃんが大人の虫になって悪さをする前に、一か月に一度まとめて駆虫することなのです。

つまり、フィラリアの「予防薬」って、実は「フィラリアの駆虫薬」のことなのです。

蚊に刺されて皮膚から筋肉にはいった小さなフィラリアの赤ちゃんは成長しながら体内を移動し、最終的には宿主(ワンちゃん)の主肺動脈という血管にたどり着きます。
その期間が約半年かかります。
最初は目に見えない大きさですが半年後には10センチ前後の大きさになります。
主肺動脈は心臓からのびる血管です。
そこに居座り、「赤ちゃん虫(ミクロフィラリア)」を産みはじめます。
フィラリアの「赤ちゃん虫(ミクロフィラリア)」はそのままでは大人のフィラリアにはなりません。
一旦、血を吸った蚊の体内で脱皮をして「感染子虫」になります。
そして蚊が吸血する際に再び犬の体内に侵入します。
すると今度は大人の虫にどんどん成長していきます。
再び犬の体内に侵入してから一か月くらいの間であれば、
犬には害のない濃度の駆虫薬でフィラリアは死滅します。
まだ筋肉の中にいますので、自然に吸収されます。

これがフィラリア症予防のシステムです。
「フィラリアに感染して様々な症状を出すことを予防」するのですね。
決して「感染そのもの」を予防するのではない、のですね。

毎月飲むタイプのフィラリア予防薬は体内からは一日程度で排泄されます。
だから投薬するタイミングも大事です。

フィラリアの寄生がはじまっていないうちから飲んでも意味がありません。

飲みはじめ時期は「感染がおきてから一か月以内」で、
飲み終わり時期は「最終感染をしてから一か月後」になります。

夙川界隈だとだいたい、5月~12月が予防適期になります。
少し山の方だと、4月から開始する地域もあるようです。

次は検査の話です。

秋から冬にむけての健康管理

朝晩が涼しく、過ごしやすい季節になってきました。
皆様のワンコやニャンコのご機嫌はいかがですか?

猛暑も過ぎ去り、涼しくてペットも植物ものびのびと成長している秋ですが、
アレルギーのペット達には辛い季節のようです。
9月以降、アレルギーによる皮膚病のワンコの来院が増えてきました。
アレルギーの症状は皮膚だけでなく、耳、目の周り、指の間などにも出ます。
特に垂れ耳のワンコの耳の異常は気付きにくいので、ときどきお耳のチェックをしてあげてください。

ニャンコたちは毎年のワクチン接種はすんでいますか?
冬に向けて、いわゆる「猫の風邪」が流行ります。
ワクチン接種することで感染しても軽度ですむことがほとんどですので、まだのニャンコは是非この時期の接種をおすすめします。

それから、冬はワンコもニャンコも泌尿器系の病気が出やすい季節になります。
膀胱炎や尿石症など、泌尿器が弱いコ達は注意してあげてくださいね。
お散歩の時のおしっこの色や、気持ち良く出ているか(排尿姿勢をとるのになかなかおしっこしない、などは要注意です)、などを是非注意してみてあげてください。

最後にフィラリアの投薬ですが、感染終了から1か月後が最終の投薬になります。
つまり、最後に蚊が飛んでたな~と思われる時期から一か月後が最後の一回になる、という意味です。
山に近い住宅街のあたりでは11月下旬でも蚊に刺されることは珍しくありませんので例年12月に入ってからが最終の投薬になります。
判断に迷ったらお気軽に病院にご相談ください。

ニキビダニ症(アカラス症)

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

ワンちゃんに多い、皮膚の寄生虫感染症です。
虫体が非常に小さいので顕微鏡でみつけます。
皮膚検査では「掻爬」と「毛引き」によって皮膚表層と毛根の虫体の有無を確認します。
完全に駆除することは難しく、脱毛などの皮膚症状の消失を治療の目的とすることが多いです。
再発することも多いので、定期的な観察が必要なことがあります。
その生態はまだ十分解明されていないのですが、現在のところ、成犬同士で感染することはない、と考えられています。

お散歩中のヒヤリ・ハッと!

ワンちゃんを飼う楽しみのひとつ、「お散歩」。

散歩の時間というのは一日の生活サイクルの中でだいたい○時くらい、と決まってる方も多いので、散歩で出会うワンちゃんはわりあい、顔見知りだったりしますね。
そこから「お散歩友達」というものも自然と出来て行き、ワンちゃんを中心とした交流がうまれていったりします。

そんな楽しいお散歩なのですが、ちょっとした不注意がもとで重大な事故につながったりもします。

今回はお散歩の注意点です。

お散歩のときはワンちゃんにはかならずひき綱(リードまたはリーシュ。このコラムではリードで統一します)を付けます。
このリードですが、皆さんの中には伸縮する、いわゆる「フレキシブルタイプのリード」を使われている方もいらっしゃると思います。
フレキシブルタイプのリードはロックをはずすとワンちゃんの動きによって自動でのびたり、巻きとったりするので、ショートリードにもロングリードにもなる優れものです。
でも、これは、公道では必ずロックをして、通常のリードの長さ(おおよそ1m以内)で使用するのが正しい使い方です。
フレキシブルタイプのリードをロックをしないで使っていた為に起きた、または起こりうる事故の事例をいくつか紹介しておきます。
・歩道を歩いていたところ、急に飛び出して来たネコを追って車道に飛び出してしまった
・夜道でワンちゃんと飼い主さんの間があいており、ワンちゃんに気付かなかった自転車がリードに突っ込んできた
・人なつこい犬では飼い主を無視して通りすがりの人にじゃれたり飛びついたりする
・家の門から外に出る時に飼い主より先に飛び出してしまい、通りすがりの自転車とワンちゃんがぶつかった
・ロックをしなくても飼い主のそばを離れないワンちゃんなので安心をしていたら他の犬に吠えられてびっくりして車道に飛び出してしまった
・・・等の危険があります。
通常のリードであれば1m以内が行動範囲の限界となり、飼い主さんの手もとでワンちゃんをコントロール出来るはずなので、いずれの事例もおきにくいと思われます。ところが、最長がおおよそ5mものびるリードは手もとでロックをして長さをセーブしておかないと、「リードがついている」のは形だけで実際はノーリードと変わりません。
普段大人しく飼い主さんのそばにいるワンちゃんでも、びっくりしたり興奮するとどんな行動にでるか予測はできません。
必ずロックをかけて使うようにしましょう。

お散歩トラブルでときどき聞く「出合い頭に○○」というケース。
おそらく、角を曲がった瞬間、または角に差し掛かったときに人間が犬に引っ張られる形でいたために起こる事例だとおもわれます。
散歩のときのワンちゃんの引っぱり癖は必ず最初に矯正しなければいけません。
曲がり角は飼い主さんがまず、まがります。続いてワンちゃんがまがる。
または飼い主さんの横について曲がるようにすれば、犬同士がいきなり顔を合わせるようなことは起きません。
出合い頭の事故事例をいくつかあげておきます。
・出合い頭の喧嘩(実際にかみ殺してしまった事例もあります)
・犬の嫌いな人が突然曲がり角から出て来た犬にびっくりして転倒し、飼い主さんが損害賠償請求をされた(飼い主側に非があります)
・歩道から犬が飛び出す形になり、車や自転車に轢かれた
曲がり角では一旦停止をし、安全確認をしたのち、飼い主さん主導のもと曲がるようにすれば事故は起きないでしょう。車も歩行者も同じですね。

ウンチを拾っている隙に○○が起きた。
お散歩中、ワンちゃんの排泄物の処理をするために飼い主さんがかがんで、一瞬ワンちゃんから目が離れます。
その瞬間に自転車が通った、ネコが通った、他のワンちゃんがとおりがかった。
そういうものに興味をひかれたにワンちゃんが飼い主さんのコントロ-ル下からはずれ、いきなり走り出そうとしたりすることがあります。
飼い主さんの意識はワンちゃん以外に向いているので咄嗟の動きに対応出来ず、ワンちゃんが事故にあったり飼い主さんがひきずられたり、ということになりかねません。
飼い主さんが他のことをする間「マテ」や「スワレ」をさせるなどの躾が必要です。

楽しいお散歩。
どうぞ事故や怪我のないようにお気をつけください

熱中症の季節です

今年は5月になっても涼しい日が多く、鬱陶しい蚊の飛びはじめる時期も例年より少しゆっくりでしたね。
毎日慌ただしくバタバタとすごしているうちに気が付けばワールドカップも始まってるし、いつのまにか梅雨いりもしてるし、ということであわててコラムのアップの準備をしています^ー^;

動物病院にはたいてい、お昼に休診時間があります。
その時間に何をしているかというと、(けっして録画してあるサッカーの試合や映画をみてるわけではなく)麻酔をかけたり時間のかかる検査をしたり・・・と案外忙しく動いているものなんです。そして病院の仕事が終わったら銀行や郵便局、区役所などの用事を済ませにでかけることもあります。
駅前や人通りの多い場所に出掛けるのは気分転換にもなり、出無精な私にもそれなりに楽しいものです。
出掛けた先でご主人様のおともをしているワンちゃんを見掛けることも多いです。
ワンちゃんを見かけるとつい

このコは知ってるコかな?

と考えたりもします。
知らないワンちゃんを見ると

こんなコがこのあたりにはいるのか

と思ったり。
冬の間は、純粋にワンちゃんを見て楽しんでいます。

でも夏は・・・。

こんなに暑いのに大丈夫かな?
お水、のませたほうがいいかも?
お洋服はちょっと暑いかもしれないなあ?

などなど、ヒヤヒヤしながらみている私がいます。

毎年、必ず熱中症のワンちゃんが運ばれてきます。
開業する前、勤務医をしていた頃から、必ずひと夏に1匹以上は熱中症のワンちゃんんの治療をしました。

熱中症はどんな状況で起きるのでしょうか。

犬は汗をかきません。
厳密にいえば全くかかないわけでもないのですが、上がり過ぎた体温は呼気により発散(ハァハァと口をおおきくあけて呼吸)します。だから口をあけてハァハァと呼吸していたら、まず要注意です。すぐに涼しくなるような対策をとってあげて下さい。

熱中症になりやすい犬種、とういうのがあります。パグやシーズーなどの短頭種(鼻ペチャの犬種)、鼻の短いチワワやポメラニアンも要注意です。太り過ぎているコ、心臓や気管が悪いコも注意してあげてください。室内犬で夏、留守番をさせてて、飼い主さんが帰ったら亡くなっていた、という話をときどき聞きます。全部が熱中症である、とはいいませんが、留守中に室内の気温が上昇すると危険ですから、エアコンや扇風機を付けるなどの対策を考えてあげてください。

飼い主さんが耐えられる程度の気候だから犬も耐えられる、というのは誤解であることも知っておいて欲しいと思います。4本足で歩くワンちゃんは人間よりもずっと地面に近いところにいます。アスファルトやコンクリートの上20cmくらいに顔を近付けてみてください。ムワッと熱気がこもっていませんか?地面に近い所というのは人間の頭の高さに比べてはるかに暑いのです。

お庭で飼われているワンちゃんの飼い主さん、「ウチのコは日陰にいるから大丈夫」と安心しないでください。日陰でも風がないと暑いかもしれません。

お散歩はなるだけ気温が上がる前の早朝がいいと思います。
夜はいつまでたっても地熱が下がりません。
長距離の散歩の場合は途中で水分の補給を忘れずに。

ワンちゃんは「服を着ていない」のではなく
「毛皮を着て夏を過ごしている」ということを忘れないで下さいね。

家庭内の毒物2

続きです。

ワンちゃんや猫ちゃんは時に、思いがけないものに興味をもち、口にしてしまうことがあります。

コンバットやホウ酸団子などのゴキブリ駆除薬。
少し田舎の町では殺鼠剤。
ガーデニングするお宅ではなめくじ駆除剤。

このあたりは飼い主さんもその危険性を認識しつつ、ついうっかり・・・が多いようです。

アイスノン関連の商品をいたずらしちゃうワンちゃんはいませんか?
アイスノンにはエチレングリコールという成分が含まれていますが、これが犬猫に重篤な中毒を引き起こします。

最近はやりのキシリトールガム。100粒入りのものを買い置きしていたら、留守の間に犬が食べちゃった!なんて話もあるのですが、キシリトールも犬は中毒をおこします。

花瓶に生けたキレイな百合の花。百合の花は猫は特に中毒を起こし易いです。身体についた花粉をグルーミングするだけで具合悪くなったりします。猫ちゃんのいるお宅では百合の生け花は注意して下さい。

猫ちゃんの玩具で「乾燥またたびの実」があります。この乾燥またたびの実をあそんでいるうちに飲み込んだ猫ちゃん。消化管に入り、そこで水分を吸って膨張したのでしょう、腸閉塞を起こした例を手術したことがあります。水を吸うと膨らむようなものは玩具にしないほうが安全でしょう。

以上、こんな事故があります、ということでご紹介させていただきました。

家庭内の毒物

今回の内容は私がこのコーナーに絶対書きたかったひやり・ハッとです。
2回にわけておとどけいたします。

ご家庭で、飼い主のみなさんがちょっとだけ知識を身につけて注意してもらうだけで
ワンちゃんネコちゃんの怪我や病気を未然に防げるので、是非お友達にも教えてあげていただきたいと思います。

まず、人間は平気だけどペットが食べてはいけないもの。

・これはもう、とても有名ですが「ネギ類」が筆頭にあげられます。
溶血性貧血というのをおこします。
中毒量には個体差があります。
病院に来られるケースでは「台所で盗み喰いをされた」
「家族がハンバーグをやってしまった」などが多いです。
ご家族でもういちどネギ禁止の確認をしておくといいと思います。
(はずかしながら、私の母も玉葱たっぷりクリームシチューを私の犬に勝手にごちそうしてくれちゃった事があります)
盗み食いは普段いいコなので油断した、などがあるようです。
犬の知恵と頑張りを侮ってはいけませんね。

・最近知られるようになりましたが「チョコレート」。
チョコレートの原料カカオにふくまれるテオブロミンという成分が原因です。
カカオ(テオブロミン)の含有量の多いビターチョコの方が危険性が高いことになります。
私もビターチョコが大好きなのですが、たべかけは必ずすぐ片付けることを徹底しています。
海外の報告ですが、ビターチョコ一個食べただけで死亡してしまった犬もいるようです。
くれぐれもたべかけのお菓子を片付けないで席をはずさないこと。
ちょっとトイレへ・・・の時も十分注意して下さいね。

・とても新しい情報ですが、果物のブドウも犬で急性の中毒を起こすらしいことが最近の論文で示唆されています。
この情報についてはまだ明確な事がわかっていないようで、
「ブドウの種類・不明」
「量・不明」
「固体差があるらしいが詳しくは不明」
・・・といったかんじで、本当に詳しい(ただしい)情報はまだないようです。
ただ、その「ブドウ」にはレーズンもふくまれるようですので、
紫色のブドウのほうが問題なのかもしれません。
あまりにも曖昧な発表でしたので、このコーナーに載せるか迷ったのですが、知っておいて損はないので、敢えて載せることにしました。
詳しいことがわかりましたら随時ご紹介したいと思います。

しかし、ブドウがあげれないなんて・・・。
うちの犬はブドウの皮が大好きなんです。

その食欲は「本当の食欲」ですか?

診察室でかならず聞く質問に「食欲はありますか?」というのがあります。

ペットの来院理由の中には「ご飯を食べない」(食べる量が少ない)というのがよくあります。
食欲が落ちてきたらそれは病気のサインであることが多いです。
しかし、病気の初期は特に
「食欲はないけど元気はある」
という状態の事が多いのです。
一見して、元気はあるものだから飼い主さんが病気とは思わず
「このご飯に飽きちゃったのかな?」
ということで缶詰やササミを混ぜてもらったり、フードのメーカーを変えてもらったりすると具合が悪くて普段の食餌は気が進まないペットもいつもより美味しそうなご飯だとつい食べてしまい、飼い主さんも安心してしまう、ということがあります。
でも、これは当然「本来の食欲」ではありません。
だから、いつもよりグレードアップしたごちそうも、病気がすすむとまた食べなくなります。
このあたりで飼い主さんは初めて「あれ?これも食べない。どこか悪いのかしら?」となることが多いようです。

診察室で問診をしていると
「一週間程前もいちど食べないことがあったけど、すぐまた食べだしたので様子をみていた」
といわれる事があります。
が、よくよく聞いてみると
「食べないからササミを混ぜたら食べだしたので安心していたが今日はササミも食べない」
というように、すでに最初の徴候から何日か経過してしまっているというケースが少なくないのです。

普段から食欲ムラのあるペットの場合は判断が難しいのですが、
普段はなんでもよく食べるペットが「いつもと同じごはんを食べない」というのは立派な病気のサインです。
いろいろと食餌に手を加える前に、どこかおかしいところがないか注意して見てあげて下さいね。

「毛玉」で怪我

毛玉。
「毛」の「玉(=塊)」。
毛がからまって団子のようになった状態です。
長毛のワンちゃんネコちゃんを飼っていると、大抵の飼い主さんは一度は経験するのではないでしょうか?

「毛玉」は一旦出来てしまうと、キレイにほぐすのはかなり困難です。
大抵の場合はチョッキン!と切り落とすことで対処するしかありません。

さて、ご自宅で「毛玉」の手入れをする時の注意点です。
必ず、皮膚と毛玉の境を確認してからハサミやバリカンを入れて下さい。
でないとうっかりワンちゃんやネコちゃんの皮膚まで傷つけてしまいます。

年1~2回は「毛玉」の手入れの最中に誤って皮膚を切ってしまった、という怪我のペットがやって来ます。
祝日や夜間などに多いのは飼い主さんの仕事が休みの日にペットの手入れをすることが多いからでしょうか。

「毛玉」を放置しておくと皮膚炎の原因になりやすいので注意が必要ですが、
結局のところ、日々のマメなブラッシングで「毛玉をつくらせない」ことが最大の予防法であることは言うまでもありません。

長毛ペットの飼い主さん、頑張って下さい。

首輪のはなし

犬を散歩させる時には必ずつける首輪。
(猫ちゃんだって迷子札を付けるために首輪をすることもあるでしょう)

ペットと首輪は密接なものですよね。
でも、首輪の使い方によっては怪我や事故につながる事があるのです。

まずは首輪のサイズに関連するケースです。
お散歩するときグイグイとまるで飼い主さんを先導するかのように張り切って歩くワンちゃんは
仮に首輪のサイズがあってなくてブカブカでも(古くなってちぎれないかは心配ですが)
首輪が外れることはないと思います。
ところが、飼い主さんが、嫌がるワンちゃんを無理に引っ張って歩こうとすると
(よく病院の入り口で見かける光景です^-^;)サイズの合っていない首輪は
イヤイヤするワンちゃんが後ずさりするとすっぽ抜けてしまいます。
このままワンちゃんが逃走でもして交通事故にでもあったら・・・。
他にも物音や花火などに驚いて先に進むのをいやがり暴れた結果
首輪抜けしてしまって逃走してしまうケースはよく聞きます。

首輪は指が2~3本はいるくらいの隙間ではめるのがいいと思います。
特に私どもの病院は交通量が結構ある道路に面しているので、
来院時には首輪がゆる過ぎないか確認してみて下さいね。

次は首輪の形状に関連するケースです。
一般的な革の首輪はちゃんと金具を穴に差し込む形なので、
つけてる間に絞まり過ぎることはないのですが、
ハーフチョークやチョークチェーンは首が絞まる構造になっています。
これらの首輪を普段から(訓練時以外)使っている場合は、
チェーンをどこかに引っ掛けて首を絞める事があります。
これは昔、私の飼っていた犬に実際におきた事なのですが、
ハーフチョークの先に迷子札をつけてケージにいれていたところ、
床にしいていたすのこの隙間に迷子札がひっかかり、
ケージの中で犬はこまってぐるぐると首を軸に回り続け、
自分の首を絞めていたところを発見した、という出来事がありました。
幸いにもそのときは少し大きめのハーフチョークだったので
窒息する程には首は絞まらなかったようで事無きを得たのですが
その経験から、ワンちゃんを病院でお預かりする時は
ハーフチョークやチョークチェーンの首輪は外してから犬舎にいれるようにしています。
これらのタイプの首輪をしたまま目を離すのはコワイですね。

首輪は必ず必要ですが、飼い主さんがあと一歩踏み込んで危険がないかどうか
おうちのわんちゃんネコちゃんの首輪を今一度確認してみて下さいね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

事例をあげる事で、ワンちゃんネコちゃんの家庭での危機管理の役に立てる事を願って、
すこしずつ色んなお話をアップしていきたいと思います。