家庭内の毒物

今回の内容は私がこのコーナーに絶対書きたかったひやり・ハッとです。
2回にわけておとどけいたします。

ご家庭で、飼い主のみなさんがちょっとだけ知識を身につけて注意してもらうだけで
ワンちゃんネコちゃんの怪我や病気を未然に防げるので、是非お友達にも教えてあげていただきたいと思います。

まず、人間は平気だけどペットが食べてはいけないもの。

・これはもう、とても有名ですが「ネギ類」が筆頭にあげられます。
溶血性貧血というのをおこします。
中毒量には個体差があります。
病院に来られるケースでは「台所で盗み喰いをされた」
「家族がハンバーグをやってしまった」などが多いです。
ご家族でもういちどネギ禁止の確認をしておくといいと思います。
(はずかしながら、私の母も玉葱たっぷりクリームシチューを私の犬に勝手にごちそうしてくれちゃった事があります)
盗み食いは普段いいコなので油断した、などがあるようです。
犬の知恵と頑張りを侮ってはいけませんね。

・最近知られるようになりましたが「チョコレート」。
チョコレートの原料カカオにふくまれるテオブロミンという成分が原因です。
カカオ(テオブロミン)の含有量の多いビターチョコの方が危険性が高いことになります。
私もビターチョコが大好きなのですが、たべかけは必ずすぐ片付けることを徹底しています。
海外の報告ですが、ビターチョコ一個食べただけで死亡してしまった犬もいるようです。
くれぐれもたべかけのお菓子を片付けないで席をはずさないこと。
ちょっとトイレへ・・・の時も十分注意して下さいね。

・とても新しい情報ですが、果物のブドウも犬で急性の中毒を起こすらしいことが最近の論文で示唆されています。
この情報についてはまだ明確な事がわかっていないようで、
「ブドウの種類・不明」
「量・不明」
「固体差があるらしいが詳しくは不明」
・・・といったかんじで、本当に詳しい(ただしい)情報はまだないようです。
ただ、その「ブドウ」にはレーズンもふくまれるようですので、
紫色のブドウのほうが問題なのかもしれません。
あまりにも曖昧な発表でしたので、このコーナーに載せるか迷ったのですが、知っておいて損はないので、敢えて載せることにしました。
詳しいことがわかりましたら随時ご紹介したいと思います。

しかし、ブドウがあげれないなんて・・・。
うちの犬はブドウの皮が大好きなんです。