お散歩中のヒヤリ・ハッと!

ワンちゃんを飼う楽しみのひとつ、「お散歩」。

散歩の時間というのは一日の生活サイクルの中でだいたい○時くらい、と決まってる方も多いので、散歩で出会うワンちゃんはわりあい、顔見知りだったりしますね。
そこから「お散歩友達」というものも自然と出来て行き、ワンちゃんを中心とした交流がうまれていったりします。

そんな楽しいお散歩なのですが、ちょっとした不注意がもとで重大な事故につながったりもします。

今回はお散歩の注意点です。

お散歩のときはワンちゃんにはかならずひき綱(リードまたはリーシュ。このコラムではリードで統一します)を付けます。
このリードですが、皆さんの中には伸縮する、いわゆる「フレキシブルタイプのリード」を使われている方もいらっしゃると思います。
フレキシブルタイプのリードはロックをはずすとワンちゃんの動きによって自動でのびたり、巻きとったりするので、ショートリードにもロングリードにもなる優れものです。
でも、これは、公道では必ずロックをして、通常のリードの長さ(おおよそ1m以内)で使用するのが正しい使い方です。
フレキシブルタイプのリードをロックをしないで使っていた為に起きた、または起こりうる事故の事例をいくつか紹介しておきます。
・歩道を歩いていたところ、急に飛び出して来たネコを追って車道に飛び出してしまった
・夜道でワンちゃんと飼い主さんの間があいており、ワンちゃんに気付かなかった自転車がリードに突っ込んできた
・人なつこい犬では飼い主を無視して通りすがりの人にじゃれたり飛びついたりする
・家の門から外に出る時に飼い主より先に飛び出してしまい、通りすがりの自転車とワンちゃんがぶつかった
・ロックをしなくても飼い主のそばを離れないワンちゃんなので安心をしていたら他の犬に吠えられてびっくりして車道に飛び出してしまった
・・・等の危険があります。
通常のリードであれば1m以内が行動範囲の限界となり、飼い主さんの手もとでワンちゃんをコントロール出来るはずなので、いずれの事例もおきにくいと思われます。ところが、最長がおおよそ5mものびるリードは手もとでロックをして長さをセーブしておかないと、「リードがついている」のは形だけで実際はノーリードと変わりません。
普段大人しく飼い主さんのそばにいるワンちゃんでも、びっくりしたり興奮するとどんな行動にでるか予測はできません。
必ずロックをかけて使うようにしましょう。

お散歩トラブルでときどき聞く「出合い頭に○○」というケース。
おそらく、角を曲がった瞬間、または角に差し掛かったときに人間が犬に引っ張られる形でいたために起こる事例だとおもわれます。
散歩のときのワンちゃんの引っぱり癖は必ず最初に矯正しなければいけません。
曲がり角は飼い主さんがまず、まがります。続いてワンちゃんがまがる。
または飼い主さんの横について曲がるようにすれば、犬同士がいきなり顔を合わせるようなことは起きません。
出合い頭の事故事例をいくつかあげておきます。
・出合い頭の喧嘩(実際にかみ殺してしまった事例もあります)
・犬の嫌いな人が突然曲がり角から出て来た犬にびっくりして転倒し、飼い主さんが損害賠償請求をされた(飼い主側に非があります)
・歩道から犬が飛び出す形になり、車や自転車に轢かれた
曲がり角では一旦停止をし、安全確認をしたのち、飼い主さん主導のもと曲がるようにすれば事故は起きないでしょう。車も歩行者も同じですね。

ウンチを拾っている隙に○○が起きた。
お散歩中、ワンちゃんの排泄物の処理をするために飼い主さんがかがんで、一瞬ワンちゃんから目が離れます。
その瞬間に自転車が通った、ネコが通った、他のワンちゃんがとおりがかった。
そういうものに興味をひかれたにワンちゃんが飼い主さんのコントロ-ル下からはずれ、いきなり走り出そうとしたりすることがあります。
飼い主さんの意識はワンちゃん以外に向いているので咄嗟の動きに対応出来ず、ワンちゃんが事故にあったり飼い主さんがひきずられたり、ということになりかねません。
飼い主さんが他のことをする間「マテ」や「スワレ」をさせるなどの躾が必要です。

楽しいお散歩。
どうぞ事故や怪我のないようにお気をつけください