今さらだけど:フィラリア症ってどんな病気?

ワンちゃんのオーナーさんにとって大事な疾病予防のひとつ、『フィラリア』の予防。

フィラリアの感染症ってどんな病気なのでしょうか。

フィラリア感染症は犬糸状虫という寄生虫が原因でおこるさまざまな症状の総称です。
寄生虫が原因だから予防する「ワクチン」などはありません。
ひたすら「虫下しで駆虫する」のみなのです。

毎年、春から冬の始まりにかけて月に一回飲ませている、錠剤だったり、粉だったり、オヤツタイプだったりするお薬は「ワクチン」ではなくって駆虫薬なのです。

そう、駆虫薬。

フィラリアの「予防」薬だから「感染しない薬」と思ってる方、多いと思います。

一般的にいわれている「フィラリアの予防」とは、蚊に刺された際に犬の体内に入ったフィラリアの赤ちゃんが大人の虫になって悪さをする前に、一か月に一度まとめて駆虫することなのです。

つまり、フィラリアの「予防薬」って、実は「フィラリアの駆虫薬」のことなのです。

蚊に刺されて皮膚から筋肉にはいった小さなフィラリアの赤ちゃんは成長しながら体内を移動し、最終的には宿主(ワンちゃん)の主肺動脈という血管にたどり着きます。
その期間が約半年かかります。
最初は目に見えない大きさですが半年後には10センチ前後の大きさになります。
主肺動脈は心臓からのびる血管です。
そこに居座り、「赤ちゃん虫(ミクロフィラリア)」を産みはじめます。
フィラリアの「赤ちゃん虫(ミクロフィラリア)」はそのままでは大人のフィラリアにはなりません。
一旦、血を吸った蚊の体内で脱皮をして「感染子虫」になります。
そして蚊が吸血する際に再び犬の体内に侵入します。
すると今度は大人の虫にどんどん成長していきます。
再び犬の体内に侵入してから一か月くらいの間であれば、
犬には害のない濃度の駆虫薬でフィラリアは死滅します。
まだ筋肉の中にいますので、自然に吸収されます。

これがフィラリア症予防のシステムです。
「フィラリアに感染して様々な症状を出すことを予防」するのですね。
決して「感染そのもの」を予防するのではない、のですね。

毎月飲むタイプのフィラリア予防薬は体内からは一日程度で排泄されます。
だから投薬するタイミングも大事です。

フィラリアの寄生がはじまっていないうちから飲んでも意味がありません。

飲みはじめ時期は「感染がおきてから一か月以内」で、
飲み終わり時期は「最終感染をしてから一か月後」になります。

夙川界隈だとだいたい、5月~12月が予防適期になります。
少し山の方だと、4月から開始する地域もあるようです。

次は検査の話です。