超音波切開凝固装置(ソノサージ)の採用

手術を行うにあたって、血管を結紮(けっさつ)したり、組織を縫合したりするには通常手術用の縫合糸が必要になります。
しかし、どのような素材の縫合糸を利用したとしても、生体にとっては「異物」が体内に入ったということになりますので、縫合糸の使用部位で多かれ少なかれ組織反応が起きることになります。

縫合糸肉芽腫(縫合糸反応性肉芽腫)とは、
手術の際に使用された縫合糸が原因でおきる肉芽腫のことを言います。

無結紮手術


そういったことを考慮すると、体内にできるだけ異物である糸を残さない手術(無結紮手術)が理想的と考えられますので、当院では極力糸と残さず手術を行うことの出来る『超音波切開凝固装置(ソノサージ)』を用いて手術を行っております。

無結紮手術ソノサージは超音波で凝固と同時に切開ができる最新の超音波メスで、糸を使わず安全・確実な止血・切開を実現します。

一般的な去勢・避妊手術から出血の多い腫瘍摘出手術などでも確実に止血でき、また手術時間の短縮にもなるため、
手術の際 生体にかかる負担も軽減させることができます。